〘TAKIBI🔥トークライヴvol.8〙10/28(土)「ウェルビーングのための睡眠戦略」小室 淑恵 ×安藤哲也(TAKIBI店主)

働き方改革で企業が試行錯誤を繰り返すなか、勤務間インターバル制度の導入が計られているのをご存知でしょうか?勤務間インターバル制度とは、終業時刻から次の始業時刻の間に一定時間以上の休息時間(インターバル時間)を設けることで、従業員の生活時間や睡眠時間を確保しようとするものです。長年にわたってワークライフバランス(仕事と生活の調和)、企業の働き方改革を支援してきた小室淑恵さんをお招きし、男性育休推進等でともに闘ってきたファザーリング・ジャパン代表・安藤 哲也(TAKIBI店主)とで、働き方と睡眠のより善い関係について話し合います。よく眠ることは、よく働くことなり!

開催概要

  • 日時:2023å¹´10月28日(土)15:15〜16:30(開場14:30)
  • 場所:「千駄木露地」※TAKIBIではありません。ご注意ください。
    東京都文京区千駄木2-42-2
    (TAKIBIより3分、千代田線千駄木駅より徒歩5分、千代田線根津駅より徒歩10分
    南北線東大前駅より徒歩12分、都営バス上58「千駄木2丁目」より徒歩2分)
  • 参加費:3,000円(1ドリンク、お菓子付き)
  • 定員:30名(先着)

※当日はイベント終了後、著書のサイン販売会があります。

お申込み方法

ando@takibi.workまでメールよりお申込みください。
※件名に「10/28トークライヴ参加」とお書きください

ゲスト

小室 淑恵(こむろ よしえ)

2000 社以上の企業へのコンサルティング実績を持ち、残業を減らして業績を上げる「働き方改革コンサルティング」の手法に定評がある。安倍内閣 産業競争力会議民間議員、経済産業省産業構造審議会、文部科学省 中央教育審議会などの委員を歴任。著書に『プレイングマネージャー「残業ゼロ」の仕事術』(ダイヤモンド社)『働き方改革 生産性とモチベーションが上がる事例 20 社』(毎日新聞出版)『6 時に帰るチーム術』(日本能率協会マネジメントセンター)『男性の育休 家族・企業・経済はこう変わる』(共著、PHP 新書)等多数。㈱ワーク・ライフバランス代表取締役社長。

聞き手

TAKIBI店主 安藤(アンド―パパ:3児の父親)