〘TAKIBI🔥トークライヴvol.11〙11/29(水) ポッドキャスト番組 公開収録!「教えて!?人生を変えた一冊」 小国綾子×鈴木英生(毎日新聞記者)×安藤哲也(TAKIBI店主)

――新聞記者が取材現場で感じたこと、考えたことをきっかけに、リスナーの皆さんとつながりたい――。そんな毎日新聞のポッドキャスト番組「今夜、BluePostで」。毎週月曜日を担当するオピニオン編集部の小国綾子記者と鈴木英生記者が11月29日夜、TAKIBIで公開収録を行います。

小国記者は、TAKIBIの棚主。鈴木記者は自分の暮らす中央線沿いで、シェア型書店の棚主になりたいなあ、と画策中。2人とも、本が大好き、書店が大好きです。
この日は、自分たちの人生を変えた1冊、繰り返し読んで一番ボロボロになった本、小学生時代の愛読書、大切な人にプレゼントした1冊など、2人がさまざまな切り口で本を紹介しながら、本をめぐるあれこれについて語り合います。ご参加、お待ちします!

開催概要

  • 日時:2023å¹´11月29日(水)18:30~20:30
  • 場所:Books&Coffee 谷中TAKIBI(台東区谷中2-5-15)
  • 参加費:2,000円(1ドリンク)
  • 定員:10名(先着)

お申込み方法

ando@takibi.workまでメールよりお申込みください。
※件名に「11/29トークライヴ参加」とお書きください

聞き手

TAKIBI店主 安藤 哲也(あんどう てつや)

1962年、池袋生まれ。出版社、書店、IT企業など9回の転職を経て、2006年に父親支援事業のNPO法人ファザーリング・ジャパンを設立し代表。講演や企業向けセミナー、絵本読み聞かせなどで全国を歩く。2022年、人口減少の自治体で「プチ移住」を始め、町の本屋を拠点にした地方創生を目指すプロジェクト「ブックストア・ソリューション・ジャパン」を立ち上げる。2023年7月、Books&Coffee谷中「TAIBI」を開店。
厚生労働省「イクメンプロジェクト推進チーム」座長。内閣府「男女共同参画推進連携会議」「ゼロから考える少子化対策プロジェクトチーム」、観光庁「休暇改革国民会議」委員等を歴任。著書に『本屋はサイコー!』(新潮OH!文庫)、『パパの極意~仕事も育児も楽しむ生き方』(NHK出版)、『できるリーダーはなぜメールが短いのか』など。